小説を浅い知識でKindle出版 出来ちゃいました!

夢が形になるとモチベーションアップに繋がりますよね。

これからも頑張ろうって。

ですから、やってやりましたよ。

電子書籍化を、しかもkindleで。

私は今から述べる感じで電子書籍化をしましたが、
人によっては縦書きか横書きかで違うアプローチの仕方があるでしょうし、
文脈の形によって手直しする場所が変わって来るでしょう。

ですから必ずしもこの記事があなたの求めるものにそぐわないかも知れません。

ですが、解決策は検索すればいくらでも転がっているので
もし、これを読んで電子書籍で世の中に発表したいとお考えなら
あなたに合ったモノを精査して、その手順を踏んで頂ければと思います。

そしてコイツがどうなったかは……
最後までお読み下さいませ。

私が真っ先に思い付いたのは、

経験者に聞こう!

やっぱこうなりますよね。

当然のことながら手順を熟知した方の記事を読み、それをなぞれば上手くいく……
筈ですから、検索しては内容を覗き見、自分でも出来そうなモノを探して回ります。

すると、

電書ログ Kindle比較レビューとKindle出版の電子書籍ブログ
簡単すぎる!Kindle出版の方法(Amazonで電子書籍を出版する方法)
に辿り着きました。

フムフム、と軽く流し読みした後に新規タブで開いた
Kindle ダイレクト・パブリッシング(KDP)

と電書ログを照らし合わせながらアカウント登録をしました。

次にサイトから本がどの様に表示されるかを確認できる
[Kindle Previewer]をダウンロード。

表紙をCanvaで作った後に
私には以前ブックウォーカーで出版する際にロマンサーで作成した
epubファイルがあったのでソレをAmazon公式サイトからダウンロードした
Kindle Previewerにドラッグ後、
epubファイルをmobiファイルに変換してエクスポートをクリック。

これに本のロイヤリティ収入を受取る口座も用意してからKDPに行き、
電書ログの記事にならって登録事項を埋めつつ原稿と表紙をアップロード。

多少手こずりながら全てを終えてこの日は就寝。

翌朝にパソコンを立ち上げると、
《お客様の本『ノスタルジア』が Kindle ストアで購入可能になりました》
と書かれたメールが半日も経たずに届いていたのです。

本人的には上手くいってると自賛していましたが、
暫くして何か引っ掛かるものがあると予感めいた気分に陥ります。

それが何かを探っていると、
電子書籍販売を事前に良く調べなかったが為の致命的なミスを犯していました。

それは……【目次

そうです、私の書籍には目次がないのです。

慌てていろんな方の記事を読み漁っていると、
やれ〔自動生成〕だとか、〔ハイパーリンク〕だとか…と、説明されています。

なのにどうしてか、その存在をすっかり忘れてたのです。

きっと出版段取りの最中は
これで俺も作家デビューだぜぃ⦆と浮かれ上がっていたのでしょう。

ブックウォーカーでの販売時も今回も…です。

フツーに考えれば目次が無い本を読んだ記憶がないにも関わらず、
スッポリと頭から抜けていました。

まえがき・あとがき に関しては読者に先入観を与えるのが嫌で
ハナッから省くことに決めていましたが、
目次まで端折っちまうとは……

後日改めてファイル作成を試みました。

要所を押さえた記事を調べ上げ、kingsoft writerに全文コピペで目次の挿入をし、
ハイパーリンクでドキュメント内の然るべき箇所を指定してクリックをし、
PDFファイルとして出力をクリック。

これをKindle Previewerにかけると……

〖ファイル拡張子がサポートされていません〗

またミスってる……

KDPに行き≪サポートされている電子書籍のファイル形式≫を読むと、

Microsoft Word (DOC/DOCX)
HTML (ZIP、HTM、または HTML)
MOBI
ePub
リッチ テキスト フォーマット (RTF)
プレーン テキスト (TXT)
Adobe PDF (PDF)

でした。私のは、Adobe PDFではありません。
だから蹴られたんですね……納得。

ならばと調べ進めると、コレはイイ!と口をそろえて紹介されている

でんでんコンバーター

というリフロー型のEPUB 3に変換して
出力するウェブサービスに出逢います。

このでんでんコンバーターが得意なコンテンツは、

小説
エッセイ
技術書
メールマガジン

で、ここでのアップロードを受け付けるファイルの種類は、

テキストファイル (Markdown、PHP Markdown Extra、
でんでんマークダウンの記法に対応)
画像 (PNG、JPEG、GIF)
CSSファイル
設定ファイル(ddconv.yml)

とのこと。

因みに【お願い】として
〈変換にかかる負荷が高すぎてサーバーが停止するケースが増えています。
1冊が10万文字を越える本の作成となると厳しいです〉
とメインキャラが(多分)言ってました。

早速詳細を小一時間かけて確かめ、テキストエディタに作品をコピペし、
でんでんマークダウンの記法を用いた見出し・改ページ等を加え作成し、
アップロードしては作成したEPUBをプレビューし変更を行う…
を繰り返すこと数時間が経ち、

出来ました。細心の注意を払って完成したとまでは言えませんが……

休憩後にEPUB 3への変換をクリックし、Kindle Previewerにドラッグ後、
epubファイルをmobiファイルに変換して再度のKDP販売登録へと進むと、
今度は経験済みなので難なくクリア。

で、後日完了した旨を伝えるメールが届きましたとさ。

さいごに

いかがでしたか?

個人個人でつまずく箇所が違うでしょうから
細かい説明などを省いてサラッと記事を終わらせましたが、
コレを読んだ今現在あなたも電子書籍化を目指してみようと考えて頂けたのなら、
私はこう伝えたいと思います。

『こんな中卒オヤジでもやれるんだから貴方にも出来ます』

ってね。