立ち上がれ,中高年よ

70日目~

 Amazonアソシエイトから(20記事程度の掲載でしたが)翌日にアプリケーションが承認されましたとメールが届き、アソシエイト・プログラムへログイン。
Amazon Product Advertising API のアクセスキーとシークレットキーをプラグインにコピペすると使用可能な状態になるというので試しにアマゾンボタンを押してみる。
するとどうでしょう。検索がその場で出来るではありませんか。超~便利っす。

 続いて既に届いていたA8.netメディア会員登録案内メールの登録用URLから会員情報と
アフィリエイト活動するサイト情報、成果報酬の振込先口座情報の登録を済ませてからお食事タイム。
これをのんびりと終えた後にパソコンを覗くと、何時の間にかログインIDとメディアIDを知らせる登録完了のお知らせメールが来ていました。

 色々な所を渡り歩いていた際に『サイトをしっかり運営しているとASP担当者から連絡が来るので、お問い合わせフォームのないサイトを運営している人は、今すぐに設置しておきましょう』と説明されているのを何カ所かで見かけたので、
とーんさんの『やってみたログ』
簡単に問い合わせメールフォームを設置する方法
の説明通りにContact Form 7をインストールし有効化。
設定後コンタクトフォーム装飾のCSSを頂き子テーマ「style.css」にペースト。

 これを作業中にカスタムに火が付き、来てくれた相手にちょっとした説明文をトップページに据えたくなると、
unlimtad ch@osさんの
[無料WordPressテーマ] Simplicityのヘッダー下にウィジェットを作成しよう!
から策を頂きました。

 良いか悪いかは置いといてアフィリエイト活動が楽しくなってしまった私は、
もしもアフィリエイト
にも一連の流れで情報を登録しました。

 そこでの広告をサイドバーに張ると、文字だけが表示されてしまうのです。
自分の犯している単純にテキスト側に入力することを忘れた初歩的なミスに気付かず画面にガン飛ばし悩み、無駄な浪費を小一時間した後に解決法に到達しました。
まだまだ修行が足りていないようです…。


 http後に〔s〕が付くとSSL(secure sockets layer)という通信手順で守られている証だそうです。
「http://」が「https://」になると情報を暗号化して送受信していてセキュリティの高い安全なサイトであるという証明になるし、Googleがhttpsのサイトを検索結果で優遇すると発表した事と、個人情報を入力しないサイトだったとしても<保護されていないですよ>の表示が出るので個人サイトやブログでもSSL化が適切らしいと聞き、
ウニコさんの『unico fun life 』
WordPressのURLをhttpからhttpsへSSL化する方法【エックスサーバー 】
に沿ってあちらこちらに移動して設定を済ませ、各記事に貼ってある内部リンクや、画像のURLをhttpsに変更するために「Search Regex」というプラグインをインストール。

 始めたばかりの我がブログに有り得ないと思いましたがhttpのページに飛んできた人が自動でhttpsのURLに飛ぶ301リダイレクトを設定します。
これを行う場合に.htaccessファイルは、ちょっとした記述の抜けやミスでエラーが起こってしまうので、万が一に備えて書かれている内容をコピーしてバックアップを取っておくべきとの事。
極度の緊張感の中で細心の注意を払い全工程を終えて確定ボタンをクリック。
失敗していませんようにと祈り、
リダイレクトチェッカー
で301リダイレクトされているか確認すると、成功しているコメントが現れたことでホッと胸を撫で下ろす。

只今コレを読んでいる中高年層の貴方に恐れ多くも進言します。
ブログ始めるならこんなオッサンでも扱えるエックスサーバーをお薦め致します。

 それでなくても進められていない小説の創作をほったらかしで
『レポ部』を運営しているレポート部長の
Simplicityでフッターのカスタマイズをする方法
にも手を出してこの週はカスタマイズに精を出しまくったのです。