はじめに

今からプロ野球選手やアイドルになるのは無理。
しかし何流かの小説家になる可能性は残されているのでは。

小説はテンポか語彙力。
ブログは知識かセンス。
これを持ち合わせていないオヤジが現在持ち得る能力を注いで必死にチャレンジ致してます。

この程度ならきっと貴方のほうが良いモノを作れると自信に繫がると思います。

ヘッダーの文言は万人を喰い付かせる【疑似餌】です。

ここでは中年が抗う様を披露しています。

若い頃にうちらの年代はうちらで、と年配者の理解を得る事はしなかったんじゃないですか?

若者たちとは別の世界で勝負をしていきます。(TikTokとか出来ねぇし)

私、其日暮ノ与太郎が討ち死に覚悟で挑む様をご覧下さいませ。

NO IMAGE

1-1

私には、いとも簡単に甦る二つの【顔】が記憶の片隅にこびり付いて離れない。  その一つはK市の幼稚園に初めて通う日の出来事なのだが、当時...

NO IMAGE

2-1

 とある日、昼過ぎに目覚め、やることは無い俺はタマリ場に原チャリで向かった。 「よっ」 この部屋は掃き出し窓が道路に面している為、玄関を...

NO IMAGE

3-1

 それから間もなく住居は変わり転校先のT中学校へ顔見せの為、学ラン姿の俺は保護者同伴の元でやってきた。ここの町内は小学校の時点では二つの学区...