【博打】って何? ―日本の現状―

『待てぇ~~い』

何処からともなく正義のヒーローが現れた。

『悪が蔓延る事はこの俺様が許さないッ』

これを見た悪の組織の怪人は怯んだ。

『一世一代の大博打を打った様だが此処までだッ』

ヒーローはここぞとばかりのポーズを決め込んで見得を切った。

『なにぃ~、大博打だとぉ~』

怪人は殺気を露わにして叫び、ヒーローを指差す。

『今、バクチと言ったな。てことはアンタは”賭博”と解釈したって訳だな』

突如として浴びせられたこの’返し’にヒーローは固まり、暫しの静寂が……

『え?今、何て?』

これがアニメなら頭の上に?マークが浮かんでいるであろうヒーローに
怪人が再度指差して大声で喋り出す。

『だからぁ、博打賭博なんだよ。ウィキペディアで調べるとなぁ……

賭け事、博打(ばくち)、博奕(ばくえき)、勝負事とも。
英語ではgamblingと呼ぶのが普通であるが、
カタカナでは「ギャンブル」と表記されることが多い。
gambleは娯楽としての賭博も含む広い考え方であり、
危険性の高い冒険や意味のある危険、
潜在性のある利益に手を付けること等という意味がある。
賭博とは、金銭や品物などを賭けて勝負を争う遊戯のことである。
金銭や品物などの財物を賭けて、(偶然性の要素が含まれる)
勝負を行い、その勝負の結果によって、
負けた方は賭けた財物を失い、勝った方は(なんらかの取り決めに基づいて)
財物を得る、と言う仕組みの遊戯(ゲーム)の総称である。
日常的に賭博を行う者や、賭博を特に好む者は「賭博師」や
「ギャンブラー」、「博打打ち」などと呼ばれている。
出典フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(博打から転送)

って出て来るんだよ。よぉ~~~く覚えとけっ』

怪人のご丁寧な説明を最後まで聞き終えたヒーローは怪人に手が届く所まで歩み寄り、
学生時代の朝礼で覚えた‹休め›の姿勢で口を開いた。

『で?』

これに怪人は‹前に習え›の先頭者のごとく両手を腰にやり答えた。

『ってことは、俺達は〈世界征服〉を目論んでるんだけど、
それにうちらはお金とか張ってない訳よ。だからコレは博打じゃないじゃんかぁ』

少しの間を置き、「まぁ…そうなるかぁ…」とヒーローは腕組みをして唸る。
で、何かを思いついた。

『あれ?じゃパチンコは賭博行為なんじゃねぇの?』

怪人はこれに首を横に振る。

『それが違うんだなぁ~』

これにヒーローが反論。

『国内以外に韓国・アメリカのグアム・北朝鮮の平壌とかにパチンコってあるらしいじゃん。
で、国によってはカジノとして規制を受けてるって話じゃん。
しかも台湾じゃ法律上で禁止されているのに、
実際には多数の非合法店が営業を行っているらしいって。明らかに博打っしょ』

これに怪人が返答。

よその国は、ね』

そして話を続ける。

『日本国内のパチンコ営業は、現金や有価証券を提供することは禁止しているのよ。だから
風営法第4条(許可の基準)
同法施行令第7条(政令で定める営業)
同第10条(遊技機の種類)
同第11条(政令で定める営業が遊技の結果に応じ客に賞品を提供させる営業であることを明記)
風適法施行規則第36条(遊技料金等の基準)
の法令の下で遊技の結果によって景品を提供しているんだわ。
で、法令に則って営業して客に景品を提供する事は合法なのさ。』

怪人は電子タバコを取り出し一口咥えた後に語りを続ける。

『そんで景品には一般景品特殊景品があって、
一般の方は風営法施行規則35条2項2号
〈客が一般に日常生活の用に供すると考えられる物品のうちから、
できる限り多くの種類のものを取りそろえておくこと〉
が書かれてる上に、警察庁から
〈最低500種類以上のタバコや菓子等の家庭用品・衣料品・食料品・教養娯楽用品・
嗜好品・身の回り品・その他の7品目中5品目以上を取り揃えるように〉
ってお達しが出てるんだよ。これはいわばゲーセンのUFOキャッチャー的な。
一回100円のゲームを1000円使ってお菓子が一個も取れない事もあるし、
12~3個ゲットする場合もある。で、次は特殊に話が移って…』

ここでヒーローが遮る。

『ちょい待った。これ腰据えて聞きてぇから飲み物買って来る。お前何飲む?』

これに怪人が遠慮なく「じゃ、炭酸系」と告げると、ヒーローが軽く手を挙げ走って行った。

怪人が二本目の吸い殻を携帯灰皿に放ったタイミングに帰って来たヒーローが
飲み物を渡すや否や「で」と催促する。
受け取ったペットボトルをチョット上げて礼を示した怪人が改めて話し出す。

『特殊景品は、パチンコ屋の近辺に設置されている各都道府県の公安委員会から
古物商の許可を受けた景品買取所に、獲得した景品を古物商に売却して現金化する代物。
これは
風営法23条(客に提供した賞品を買い取ること)
っていう禁止規定があるからパチンコ屋が俗にいう景品交換所を持っちゃいけないのよ。
だから、

店に来た客は現金と遊技球を交換して、増やした出玉を特殊景品と交換する。
ソレを持った客は特殊景品を景品交換所に持ち込み、
古物商の景品交換所は特殊景品を現金で買い取る。
集まった景品は問屋が景品交換所から特殊景品を買い取りパチンコ屋に卸す。

という”三店方式”と呼ばれるモノをパチンコ業界は確立している訳。
要するに、客はパチンコが打ちたいから店内で球と交換して、
手元にある球は客の意思で古物商に売れる特殊景品が欲しいから交換する。
古物商(景品問屋)はパチンコ屋の特殊景品に在庫が無いから卸す……って理屈だな。』

片膝を立てて地べたに座っている怪人に胡坐をかいて聞いていたヒーローが
腑に落ちない様子で「けどなぁ~…」と漏らし、

『パチンコ・パチスロって世間的に賭博って括られるじゃん。
依存症の件でも問題になってるし。
それなのに合法とはいえグレーなパチンコ業界は何故無くならないんだろうか……』

と呟いたヒーローの嘆きに「やっぱそうなるよな」と怪人は気持ちを酌んだ。

『こっからは余談なんだけどさぁ』

怪人が少し声のトーンを落として話し出す。

『パチンコ・パチスロ台って保安通信協会っつー所で
規定上の条件を満たしているか試験が行われんだけど、
これは国家公安委員会の指定試験機関
で、ホール設置後に合否を判定するホール所轄の
警察の試験を受けるのに必要なのは各都道府県の公安委員会の検定。
あと店舗営業の許可を与えたりするとかの権限を持ってるのも保安通信協会で、
この機関はパチンコ業界の監督官庁である警察庁の外郭団体
で、保安電子通信技術協会ってのがあるんだけど、
そこには警察出身者が結構いて元会長には元警察庁長官がいる。これってさぁ~、ね』

ここで怪人が薄ら笑いを浮かべたが、ヒーローはピンと来てない様子だ。
それでも話を続ける。

『それとさ、パチンコメーカーの常勤顧問に元警視総監がなったり、
パチンコ業者の団体である商業流通協同組合に元警察官が多かったりの
関連団体や企業への天下り的なのがザラなのよ。ってなるとパチンコ・パチスロが
賭博要素を持っているのにこの世から無くならないのはって疑問は……ね』

更に足す。

『それに衰退しないのは需要があるから。
当たり券の購入金額を差っ引いた公営ギャンブルとかで年50万円以上手に入れると、
課税対象になって半額が一時所得としてみなされるが、
パチンコ・パチスロはそれに当たらない。これがユーザーの消えない理由の一つかも』

これまでを大人しく聞いていたヒーローが口を開く。

『なるほどねぇ。何時だかコンビニでHな本が撤去されるって話題になったけど、
攻略本が対象にならないのは解せないと思ってたんだよなぁ』

変わってペットボトルの中身をカラまで飲み干した怪人が喋る。

『普通コンビニなら商品の売れ行きで入荷を決定する筈じゃん。
けど今尚陳列されてるってことは、まだある一定数の需要が見込めるからだよ。
色んな理由はあるだろうけど、それだけパチンカー・スロッターが存在してる証拠だな』

ヒーローは首をかしげてスッと天を仰いだ後に切り出した。

『そうかぁ~。この件に関してはそうなのかも知れないけど……じゃあ、……

つづく。