【博打】って何?(続き)

〔特定複合観光施設区域整備法施行令〕(IR整備法に係る政令)
2019年3月に閣議決定してカジノが日本に出来るじゃん。
あれはギャンブル100パーじゃん。
賭博は法律で禁止しといてカジノリゾート作るって何?』

ヒーローは多少声を荒げて疑問を投げかける。これに怪人が、

『だよな。博打場建設って何考えてんだろうな。
けど、政府には外国人のインバウンド狙いっていう一応の言い分があるらしいぜ』

と答えると「でも日本人も入れるじゃんか」と切り返す。

『あぁ入れる。入場料6000円で。
けど、日本人客はIR実施法でマイナンバーカードで本人確認するほか、
入場回数を7日間で3回や月10日までという入場制限にするなどの
制限を設けたからヨシ、と思ってるみたいだ』

この怪人の説明にヒーローは相手の胸元を指差しつつ身を乗り出し言葉を放つ。

『だからって博打OKっておかしくない?
一晩で大金を失う可能性があるのがカジノでしょ』

これにもっともだと云わんばかりの頷きと共に、

『うん、ついでにギャンブル依存症が増える危険があるわな』

と言いながら電子タバコをまた取り出し咥えた怪人にヒーローが喋り始める。

『そうだよ、
依存症って〈アルコール、薬物、ギャンブル、万引き、放火、性犯罪(痴漢含む)〉
にまで認識が広がってるけど、法律じゃあギャンブル依存症を
⦅ギャンブル等依存症である者等及びその家族の日常生活又は社会生活に
支障を生じさせるものであり、多重債務、貧困、虐待、自殺、犯罪等の
重大な社会問題を生じさせている⦆

って規定してるじゃん。そこはどうなってるのか曖昧じゃね?』

チョイ熱く語ったヒーローの話を受けた怪人が、

『確かに。因みに厚生労働省の調査・推計(2017年)によれば、
依存症が疑われる人は直近の1年間で約70万人
生涯で依存症を疑われる経験をした人は約320万人
で、ギャンブル依存症って”ADHD“らしくって、
これが生じる割合は成人の場合全体の2.5%程度なんだってさ』

と共感しながら付け足した。これに「何それ」とヒーロー。で、怪人の話。

『あADHD?これは(注意欠如・多動症/注意欠如・多動性障害)で、
不注意多動性衝動性の3つの症状を特徴とするモノ。
不注意は集中力が続かず注意力散漫な様子、
多動性は落ち着きがなく行動をコントロールできない様子、
衝動性は衝動的な感情を抑えられない様子が見られる特性を意味するらしい。
原因はまだはっきりとは明らかになってないらしいけど、
〈環境的要因〉と〈遺伝的要因による脳の前頭葉の機能障害〉
というふたつの説の間で議論が重ねられてて、現在では後者が有力視されてるんだって。
そんでその不注意症状は女性に、多動衝動性は男性に多いらしいぜ。
で、ADHDは即座に刺激が受けられるアルコール・薬物・ギャンブルに
飛び付いちゃう傾向があるんだとさ』

で、ヒーローの番。

『俺の知ってるギャンブル等依存症対策基本法ってさ〔ギャンブル等依存症〕の定義を
⦅ギャンブル等(公営競技、パチンコ店に係る遊技その他の射幸行為)に
のめり込むことにより日常生活又は社会生活に支障が生じている状態⦆

ってなってるけど、依存症に気づいている人は当然そんな場所に足を踏み入れない。
〈マイナンバーカード提示を求め顔認証システムで依存症が認められる人の入場を止める〉
とか
〈遊技機に時間と投入金額を入力し、自己規制できる防止策も取る〉
とか言ってるけど、ソレをどうやって見極めるのさ。
カジノを運営する側にしたら金を落とす客をみすみす追い払う真似する筈がないっしょ。
ブレーキにも抑止にもなってない対策法作ってるけど本当に対策済みだと思ってるのかねぇ』

最後の方は嘆くように語ったヒーローに怪人が両掌を後方の地面に付け、
少々胸を張って1つ深呼吸した後に語り出す。

『まぁこの国のトップ周辺の方々は、国民が老後のために捻出してきた公的年金積立金を
GPIFに大量に株を買わせて株価を上昇させて、
この国は景気回復したと国民に印象付ける事を目論んだ政権の仕業で行った
正に【大博打】の株式投資を全体の半分にまで増やした結果、
2018年10~12月期の資産運用成績(年金積立金管理運用独立行政法人[GPIF]発表)で、
なんと14.8兆円を超える損失を出したとする人らだしな。
これは、5.3兆円もの損失を出して問題となった2015年度を軽く超える大損失。
しかも首相は2016年2月15日衆院予算委員会で、
「基本的に、年金につきましては、年金の積立金を運用しているわけでございますので、
想定の利益が出ないということになってくればそれは当然支払いに影響してくる」
「給付にたえるという状況にない場合は当然給付において調整するしか道がないということ』
と明言している。
運用が失敗したら全国民が我慢してくださいってコトを
悪びれずに押し通してしまう集まりだからな、政府は』

ここでヒーローは自分の足元を見つめ、怪人は頭を真後ろに倒し空を見つめ、
お互いの間に暫しの時が流れる。
かなりの時間を二人は潰していたが、先に体勢を戻した怪人が口を開いた。

『政治家は地道な産業振興やインフラ整備でなく国民の積立金で株を買う大博打を打つし、
仏教では博打はご法度なのに、ある大きな支持母体を有する党がカジノ法案に賛成してるし、
ゴルフで“今日は握りますか?”なんて平気で飛び交ってるし、
麻雀で“チップはいくら?”って喋ってるし、
アキバ辺りではアニメのギャンブルパック発売中だとポップを出してるし、
パチンコだけで男性は9%、ガチャも入れれば12%を超えるだろうと言われている
日本のギャンブル中毒患者率は世界で最も高いらしいし……

結局のところ〖博打〗って形や見方が違うだけで誰でも関わってるモノなんじゃねぇのかな』

これに「そうかもなぁ~」とヒーロー。

これを見ながら立ち上がった怪人が「じゃ、仕切り直しで」と下半身をはたきながら立ち上がるとヒーローも倣って立ち上がっておもむろにポースを決めた。

『悪が蔓延る事はこの俺様が許さないッ、へ~んし……』

おしまい