Twitterを有効活用する方法。私がやってみたコト 其の二

ツイッター上で注目を集めるのって結構ムズいですよねぇ

その気持ち…痛いほど良く解ります

だからといってのんびりと構えていても好転は見込めません

ならば、ダメもとであがいてみましょう。

先ずはこちら

これは、私の小説を宣伝した文章です。

この作品は第一章~第五章に渡って書かれていますが、

始めの章が読まれるだけの日々が続いていました。

「あんたの書いた物語の中身に興味が出なかったからでしょ」

そうツッコミたい貴方の気持ちはグッと抑えて読み進めて下さい。

下の画像は3日後のモノです。

この時点のフォロワー数は750人前後

リツイートは半日に一回程度でしたから6回位行いましたが

ご覧の通り、大した反響が得られていません。

そこで…

他者からの評判を利用させて頂きました。

当の本人がスピーチするよりも信ぴょう性が増すのではないか

という策略でした。

それがこちら

噓じゃないっすよぉ

こんな作品でも唯一感想を戴いていたんです。

次の画像がその結果

これも3日後です。

インプレッション数がほぼ一緒ですが

リンクのクリック数は増えました。

ですが、増えたとはいえの数字でしかない…

当然のことながら更なる高みを目指したくなります

そこで、矛先を変えた方法で試してみました。

それがこちら

すると……

インプレッション数が増えましたっっっ!!

24時間足らずで1000超えっすよ。

他の数字は威張れるモノではないですが

少なからず今までよりも大勢の人の目に触れたのは事実ですよね。

特筆すべきは、3回とも#拡散希望 的な文言が無いにもかかわらず

今回はリツイートして下さった方が増えました。

そして更に一日後

増えてます。イイ感じで。

結果、何が言いたいかといえば…

自分発信よりも他人の声の方が強い
売り込む文言のチョイスはチョイひねり
焦点をピンポイントに絞った方が逆に複数のアンテナに引っ掛かる
どの言葉がインパクトあるかを試してみると、売りが見えて来る
その売りこそがアピールポイント

といったところでしょうか。

あなたの広めたいモノは他者よりも劣らない筈なのに

イマイチ注目を集めていないのは

その言葉のチョイスだけが上手くいっていないだけなのかも。

文章力アップの鍛錬にこちらの私の記事を読んで試すのは如何でしょうか。

ライティングスキルUpへの道

この記事があなたのお役に立てれば幸いでございます。