あなたの小説投稿先は合ってますか?web投稿サイトの紹介

ここではサラッとだけ紹介しています。
読み終えた後にオイオイ、薄っぺらいな等の
クレームはご遠慮下さい。

どうも、物書きの端くれです。

皆さんも
「この作品、ここで人気出るかな」とか、
「投稿先の色と合ってないかも」って考えます?

それとも
「違う所も試してみよっかな」って思案してます?

ここから先は自分の作品が合っていそうな場所や、
楽しめそうなサイトに目星を付けるきっかけとして
読んで頂ければ幸いでございます。

では、ご覧ください。

ラインアップ

ピクシブ文芸

2016年10月27日にスタート

幻冬舎とpixivが共同運営
ジャンルは不問。ただし、オリジナルの一次創作のみ
文芸小説に特化したネット文芸サイト
文章を書くために必要なテクニック等のサポートを明言
連載物を一括評価するシステムはナシ


セルバンテス

2019年2月25日開始
「講談社レジェンドノベルス」の兄弟サービス

コンセプトは”大人のための投稿小説”
作品に20個まで付けることが可能な任意のキーワードの割り当てができる
ポイントはリアルタイムではカウントされない
1日一回だが毎日ポイントを入れられる
ファンタジーに特化傾向


ノベラボ

2015年6月15日スタート

株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン
縦書き表示
掲載前に健全な創作活動・青少年保護を目的とした投稿作品の事前審査を行う
気に入った作品はコラボレーション機能でその作品の二次創作が出来る


魔法のiらんどNOVEL

2000年開始

KADOKAWAが運営
女子向けサイト
登録者数は推定1000万人
評価のシステムは いいね・ファンになる。レビュー(感想)を実装
誹謗中傷やスパム書き込みに対して計30個の禁止語句の設定ができる
(相手側には設定した語句が分からない)


ツギクル

2016年11月スタート

ツギクル株式会社が運営
特徴はAIを活用した作品分析
登録・投稿した作品のポイント(クル)が1,000以上になると出版申請を打診できる
他の小説投稿サイトや自サイトで公開している作品の登録が可能


novelist.jp

2009年~

株式会社シンカネット
ジャンル不問
テキスト投稿型SNSのコミュニケーションサービス
縦書きによる小説・随筆・詩集などの文芸書の出版に最適な装丁で
1冊から製本印刷の注文が可能なサービスがある
入金後3営業日以内の納期で発送してくれるらしい

収益が見込めるサイトとして


ノベルバ

2015年12月創設

株式会社ノベルバ
ライトノベル系
申請日の翌日から小説のPV数に応じて作者に報酬(1PV/0.1円)を支払う
収益に繋がるPVのカウントは〈公式アプリを使用してログインを行う〉ことで
アプリからのみ


MAGNET MACROLINK(マグネットマクロリンク)

2018年5月10日~

UDリバース株式会社
読者は作品に対して有料アイテムを投げ銭として送ることができ、
作者はそれを換金することが可能
所得したMP(マグネットポイント)の有効期限は無期限
但し、イベントなどにより特別に無料MPが付与されることもあるがその使用期限は1年
原作者から許可を得ていない二次創作とR-18作品は投稿禁止

2019年6月1日時点での新規小説投稿WEBサービスには

ホビージャパンが2019年5月29日にプレオープンした

ノベルアップ+

感想スタンプと細かい検索機能が好評
レベルが上がっていくとアバターやジョブを貰える
コメントにはネタバレフィルタが備わっている
応援ポイントは消滅する


ノベマ!

2019年4月17日にオープン

女性ユーザーをメインターゲットにした

「野いちご」
「Berry‘s Cafe」

を運営するスターツ出版株式会社

上記とは違い、ジャンルや年齢を問わない小説投稿サイト
小説家デビューを応援するとしてスターツは書籍化を明言

LINEノベル

2019年4月オープン

LINE 株式会社が運営
テーマは“つながる、つなげる”
参画出版社全社が投稿されたコンテンツにオファー可能
出版社による囲い込みを取り払い、新しい出版の形を企図しているとのこと

などがある。

他には……

「小説家になろう」の株式会社ヒナプロジェクトが運営する
18禁特化型の

ノクターンノベルズ

男性向けR-18小説


ミッドナイトノベルズ

官能を主目的としない男性向けR-18小説


ムーンライトノベルズ

BL小説やBL以外のソフトな女性向けR-18小説

ボイスブックの

Writone

基本無料でボイスブックの再生・小説の投稿・小説の音声化などが利用できる
例外はクリエイターへの応援投げ銭や有料ボイスブックを再生する場合
作成したボイスブックは販売することが可能

個人運営サイトの

Alight

2018年11月30日リリース

作品は縦書き表示
主流はライト文芸っぽい

など。

おわりに


細かく調べれば、まだまだ山ほどあります。

私がもっとたくさんの時間をかけたり、
自分でも投稿してみての感想を得たりの情報収集するのが
理想だったのですが……

スイマセン…この程度しか出来ませんでした。

しかし、小説投稿サイトが新規に出来ては賑わう事なく
消えていっているという現実もあります。
ですので一軒一軒トコトンまで調べるのは尻込みしました。

これから先、老舗や巨大勢力に追い付け追い越せ、で
ユーザー側が利用しやすい仕様の開発や、
独自のシステムを導入して利用者が増えるサイトが現れる可能性が
ここで紹介したモノ以外も含めて出て来るかも知れません。

巨大勢力系の記事をこちら に用意してますので
必要とあらば覗いて下さいませ。

あなたの作品が脚光を浴びる事をお祈りして終わりたいと思います。

ご覧いただきましてありがとうございました。